第15回地域医療研究会に参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 第15回地域医療研究会に参加しました

第15回地域医療研究会に参加しました

 6月5日(金)、長崎大学医学部第一講義室で第15回地域医療研究会が開催されました。研究会には約60名前後の学生等が参加しました。長崎純心大学からは潮谷センター長他4人の教職員と現代福祉学科3・4年生の11人の学生が参加しました。

 アイスブレイクの後、地域枠実行委員会の発足の報告があり、長崎大学医学部地域枠の学生は、卒業後、長崎県の医療機関に勤務することを踏まえ、学生の内から地域(長崎県)を知る必要があるとのことでした。8つのグループに分かれ、長崎県の8つの二次医療圏を調査し、10月に中間発表会をもつとのことです。自ら課題を見つけ、自ら考え、自ら学ぶことはリサーチマインドの醸成の意味からも大切なことで、本学学生も学ぶべきことと考えます。

 続けて、長崎県県央保健所課長(長崎県上五島保健所長を兼務)の藤田利江先生が「長崎県の医療の現状と地域医療施策」と題して特別講演をされました。なお、藤田先生は平成8年長崎大学医学部卒業、平成17年長崎県に入庁され、長崎県の医療行政の最前線で活躍されておられる方ですが、一時期、純心中学校に在学されており純心の先輩でもある方でした。講演の内容は、医療法とその改正の流れのポイント、長崎県医療計画の概要、長崎県の医療に関するデータの紹介でした。馴染みの薄い医療計画についてスライドを使って分かりやすく説明していただきました。

 

学生の感想

現代福祉学科4年 石原 理子

 今回の地域医療研究会に参加してみて、学生の自主性をとても感じた。純心の現代福祉学科同様、医学部も3コースに分かれているが他の枠と比べ、自分たちに足りないところを見つけ、自ら良い方向に変えようとしていると思った。私たち現代福祉学科も3コースに分かれており、介護福祉コースは先輩に後輩が教える機会や介護福祉コースのみでの集まり等の学年を越えた縦のつながりがあるが、自分が専攻している社会福祉コースではゼミやサークルを除けば、ほとんど関わりがない。私たちも医学部の地域枠と同じく、そこは意識して変えていかなければいけない点であると思った。また、地域枠として、長崎県の二次医療圏の8つを8グループに分かれ、調べようとしていた。
 そこでは、医療関係のみだけではなく、他の社会資源やそこの土地ならではのものも含め長崎県についてそれぞれに調べ、発表するという計画をリーダーの方々がおっしゃっていた。医師のたまごである学生たちが地域について調べ、そこの土地の特色を知ることは今後の地域医療発展のために良いことである。ぜひ、8つのグループが発表する際はきいてみたい。だが、それと同時に福祉を学んでいるものとして、社会資源を他の専門職よりも知っていて使えなければ、私たちの福祉の専門職としての専門性や固有性がなくなってしまうという危機も感じた。
   長崎県の医療の現状と地域医療施策についての講話では、医療法と医療計画のこと、長崎県医療計画のこと、長崎の医療に関するデータについて聴かせていただいた。長崎の医療に関することでは、知らなかったことがたくさんあり、とても勉強になった。福祉も医療も他人の人生に関わるという点では、同じである。医学部は福祉に比べると、外へ出向いての研究会や自分の大学に先生を呼んでお話を聴く機会がたくさんあり自ら学ぶ姿勢は真似したいと思った。

 

現代福祉学科4年 大関 あい

 地域医療研究会においては、医学部地域枠の学生の研究会に参加することで、医師を目指している方の学んでいることや、考え方を学生の時期に理解することで、現場に出た際に活かすことができるのではないかと考えている。
 今回の研究会では、医療法と医療計画、そこから長崎県の医療に関することが言われていた。医療法については、純心大学の講義でも学んではいたが、長崎県における医療計画は詳しく聞いていなかったように感じている。
  長崎県の医療については、離島が多いことからへき地、無医地区、無医地区に準じる地域があるとのことだった。このような、へき地への医療対策として、へき地医療拠点病院があることで医療面についての対策が行われていることが理解できた。へき地医療拠点病院などで巡回診療等による住民の医療を確保していること、医師の派遣が行われていること、遠隔医療等があることも学ぶことができた。
 地域医療研究会は、医学部生を基本的には対象とした研究会であるため、地域医療における医師の動きが主に聞くことが多い。しかし、このような場に出ることにより、福祉との視点の違いを再度実感することが多いと共に、少しでも医療分野の考え方の理解ができると、今後現場に出た際に連携を行う場面で話をつなげやすくなるのではないかと考えている。

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省