日本保健福祉学会主催 第2-4回研究セミナーに参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 日本保健福祉学会主催 第2-4回研究セミナーに参加しました

日本保健福祉学会主催 第2-4回研究セミナーに参加しました

 2月28日(土)、東京都清瀬市の日本社会事業大学で開催された第2-4研究セミナーに宮野准教授、奥村助教、吉田助教の3人が参加しました。このセミナーは、日本保健福祉学会が年4回研究者の研究方法に関するスキルアップを目的に実施しており、今回は「尺度開発」をテーマに最終回のセミナーでした。2人の講師の先生から尺度開発の目的、そのための手順や方法について講義があり、その後、因子分析を用いた尺度開発の実際をSPSSを使って演習形式で学びました。また、研究者対象ということから論文記載での留意点などについても細かく指導をしていただきました。医療・福祉連携センターでは、全国調査の結果をSPSSを用いた因子分析によって分析・考察している実績がありましたが、このセミナーを通して本センターの研究水準再確認するとともに、多くの若手研究者と因子分析についての学びの共有をできたことは大きな収穫でした。
 なお、日本保健福祉学会会長からは、次年度は質的分析をテーマにセミナーを開催したいとのお知らせがありました。

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省