「2014年度 全国社会福祉教育セミナー」に参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 「2014年度 全国社会福祉教育セミナー」に参加しました

「2014年度 全国社会福祉教育セミナー」に参加しました

2014年11月1(土)~2日(日)
 本セミナーは、(一社)日本社会福祉教育連盟、(一社)日本社会福祉士養成校協会、(一社)日本精神保健福祉士養成校協会の主催で毎年開催されております。本年はこのセミナーに潮谷有二教授、宮野澄男准教授、奥村あすか助教、吉田麻衣助教の4名が参加しました。
 潮谷教授はスクールソーシャルワーカーの活用をテーマとした第1分科会の司会者を務められました。第1分科会では、スクールソーシャルワーカーの育成や研修等に先駆的に取り組んでこられた山野則子大阪府立大学教授から基調講演があり、その後、現場のスクールソーシャルワーカー、名古屋市教育委員会子ども応援室担当者、文部科学省児童生徒課課長や厚生労働省社会・援護局生活困窮者自立支援室地域支援対策専門官の発表を受けて活発な議論が展開されました。
 本センターでは、7月に木村和子先生(長崎市教育委員会、純心中学校・純心女子高等学校スクールソーシャルワーカー)を招いて地域包括ケアシステム研究会を開催し、スクールソーシャルワーカー活用の可能性を提言しておりました。今回のセミナーでは、地域包括ケアシステムの構築にスクールソーシャルワーカーの活用が考えられることを再確認することができました。
 また、NHK総合テレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」で地域福祉のスペシャリストとして取り上げられたコミュニティソーシャルワーカー勝部麗子氏とも談笑をすることができました。

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省