平成26年度 下五島地区離島医療教育研究会に参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 平成26年度 下五島地区離島医療教育研究会に参加しました

平成26年度 下五島地区離島医療教育研究会に参加しました

 2月10日(火)、医療・福祉連携センターも共催している下五島地区離島医療教育研究会に、宮野准教授、奥村助教、吉田助教の3人が参加してきました。この研究会は、長崎大学医学部、歯学部、薬学部が共同して実施している離島医療・保健実習に関する実績報告や意見交換等を行うために年一回開催されております。参加者は長崎大学の関係者の他に、長崎大学学生の実習を受け入れている下五島地区の医療関係者や福祉関係者、行政関係者らが参加しておりました。医学部からは、長崎純心大学の学生も参加した「第2回地域医療セミナー in GOTO」での成果や秋田の「全国シンポジウム」での発表が報告されました。その後、神戸大学地域医療教育学部門特命教授岡山雅信先生から「教育効果からみた効果的な地域医療実習プログラムの提案」と題する特別講演があり、研究会は盛会のうちに終了しました。歯学部の先生や医学部保健学科の先生からも、学生のうちから多職種連携を理解するために長崎純心大学との連携を深めたいとのお話しがありました。

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省