平成28年度在宅推進連携講座①(第4回目)に参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 平成28年度在宅推進連携講座①(第4回目)に参加しました

平成28年度在宅推進連携講座①(第4回目)に参加しました

 

 2月16日( 木)、長崎市医師会館で開催された長崎市包括まちんなかラウンジ主催の「平成28年度在宅推進連携講座①」に宮野准教授が参加しました。

 本講座は、在宅医療への参加を検討している医師や多職種の方々を対象に、5回シリーズで在宅医療の概要や地域の実情等の情報などの提供を通じて在宅医療参加への動機付けを目指して開講されているものです。

 第4回目の講座は下記のプログラムで実施されました。篠﨑氏は、高齢者の低栄養が関連する健康障害を紹介され、栄養評価(アセスメント)に基づいた在宅栄養管理のコツをお話しいただきました。

 また、田島氏には、褥瘡発生のメカニズムや褥瘡予防ケアなどの専門的な事柄を事例を含めて簡潔に解説していただきました。
 
 プログラム
 開会挨拶  長崎市医師会 理事 井上 啓爾 氏
  講演1   「栄養について~栄養を評価し、食からQOLの向上をめざす~」
         (公社)長崎県栄養士会 会長 篠﨑 彰子 氏
  講演2   「褥瘡について~在宅における褥瘡発生要因と対策~」
         長崎大学病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 田島 純子 氏
  質疑応答   座長 長崎市医師会 理事 井上 啓爾 氏
 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省