平成28年度 日本社会福祉士養成校協会 九州ブロック研究大会にて発表を行いました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 平成28年度 日本社会福祉士養成校協会 九州ブロック研究大会にて発表を行いました

平成28年度 日本社会福祉士養成校協会 九州ブロック研究大会にて発表を行いました

 2月16日(木)、2月17日(金)、長崎国際大学において、「平成28年度 日本社会福祉士養成校協会 九州ブロック研究大会」が開催されました。本センターからは、奥村助教、吉田助教、森事務の3人が参加しました。

 第1分科会「地域における医療と福祉に関わる専門職の養成―多職種連携の基盤づくり」では、長崎国際大学の原田奈津子先生の座長の下、奥村助教が「長崎大学医学部と長崎純心大学による連携事業に関する報告(その1)-地域包括ケアを想定した医療系学生と福祉系学生を対象とした多職種連携教育の実際」、吉田助教が「長崎大学医学部と長崎純心大学による連携事業に関する報告(その2)-地域包括ケアを担う医療と福祉の専門職を目指す主体的な学生組織について」と題してそれぞれを報告しました。

 分科会では、長崎大学医学部と本学との共修授業の成果や本事業から副次的に派生した「長崎多職種連携・たまごの会」のこれまでの取り組みを中心に活発な議論が展開されるとともに、改めて両大学が進めている連携事業とたまごの会の先駆性を再確認することができました。

 引き続き、本事業において教育・研究を推進していき、論文や学会での報告等を通して、幅広く情報発信を行っていきたいと思います。

 今回は、このような貴重な機会に参加させていただきありがとうございました。

 


 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省