長崎大学医学部との共修授業ワーキンググループ開催(第2回)

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 長崎大学医学部との共修授業ワーキンググループ開催(第2回)

長崎大学医学部との共修授業ワーキンググループ開催(第2回)

 9月20日(水)、第2回共修授業ワーキンググループが長崎大学医学部基礎棟小会議室で開催され、本学からは宮野准教授ほか3名の教職員が、長崎大学医学部からも永田教授ほか10名の共修授業関係者が参加しました。

 ワーキンググループは、長崎大学大学院地域包括ケア教育センターの久芳副センター長の司会で進められ、初めに本年度の共修授業開始時間及び各教室の担当者の確認がありました。続いて、2日間の共修授業の1つ1つの学習場面を想定しながら医学、保健、福祉のそれぞれの立場から協議し、授業の展開を確認していきました。特に、グループワークの発表の仕方については活発な意見が出され、学生たちのよりアクティブな学びを引き出すことができるよう工夫を加えました。

 今後は、本日のワーキンググループでの協議をもとに、共修授業の内容及び展開を最終決定するとともに、両大学学生のグループ編成などを行い、共修授業を迎えることになります。


 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省