長崎大学医学部との共修授業【第2日目】

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 長崎大学医学部との共修授業【第2日目】

長崎大学医学部との共修授業【第2日目】

​ 11月1日(水)、本学と長崎大学医学部医学科・保健学科との第2日目の共修授業が下記のタイムテーブルにより長崎大学医学部坂本キャンパス内の4教室で実施されました。

 今回は、提示されている事例の中の患者(利用者)やその家族を支えるさまざまな社会資源をイラスト・図を用いてまとめるワークでした。

 グループワークの中では、医学モデルに依拠する医学系の学生が患者(利用者)さんの病気や症例に関心がいきがちなのに対し、本学の学生は生活モデルに立って患者(利用者)本人の生活や周りの環境にも目を向けるなど、視点の違いを共有しながら多職種連携の疑似体験をもつ場面を多く見ることができました。

 また、イラスト・図を用いてまとめる過程で、本学学生がエコマップを紹介しながら、これを用いると患者(利用者)や社会資源の関係性が可視化されるなど、医学系と福祉系の情報共有に大変有効なツールであることを示していました。

 全体会が長崎大学医学部記念講堂で行われ、4つの教室の代表グループがそれぞれ発表しましたが、どのグループも多職種連携を意識したアイディアある援助支援の作品を堂々と発表できていました。

 最後に、地域包括ケア教育センターの永田康浩センター長(教授)が今回の共修授業の意義や成果を総括され、2週間にわたる共修授業は無事終了しました。

 なお、第2回目の共修授業での学生の様子も本センターFacebookに掲載する予定です。

 


​時間 内容
13:00~13:10(10´) アイスブレイク
13:10~13:20(10´) 振り返り
13:20~13:30(10´) 役割決め
13:30~14:15(45´)

Work4:Work1-②で考えた『目標となる姿』を達成するための
社会資源、職種およびその役割をイラスト・図を用いてまとめよう

14:15~14:45(45´)

発表:Work4の内容を発表(1部屋2つのグループ、得票率で代表決定)

14:45~15:05(20´) まとめ
15:05~15:20(15´) 教室移動・休憩
15:20~15:45(25´) 事例紹介、全体発表:代表グループ発表(記念講堂)
15:45~15:55(10´) 総括
15:55~16:15(20´) アンケート



 

【平成29年度共修授業】

(本学ホームページのニュース)

2017年10月19日 医療系大学・福祉系大学の学生による共修授業(10/25・11/1実施)

(本センターホームページのニュース)

2017年10月26日 長崎大学医学部との共修授業【第1日目】

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省