第2回ケアラーサポーター育成研修会に参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 第2回ケアラーサポーター育成研修会に参加しました

第2回ケアラーサポーター育成研修会に参加しました

  9月28日(水)、長崎大学ダイバーシティ推進センター主催の第2回ケアラーサポーター育成研修会に宮野准教授、奥村助教、吉田助教、森事務の4人が参加しました。

 シリーズで行われる本研修会の今回のテーマは、「認知症について考える」でした。

 初めに、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授中根秀之先生の講義がありました。内容は、アルツハイマー型認知症、レビー小体認知症、脳血管性認知症などそれぞれの症状の特徴、対応、予防と改善策についてでした。先生のお話しは、専門的な医学知識を介護の支援者にもに理解できるように具体的な場面を示されながら、わかりやすくしかも丁寧に説明していただき、大変参考になりました。

 続いて、認知症の人と家族の会長崎県支部長崎地区副代表の川﨑ひろみ氏による「私が祖父母の主介護者でした」と題する講演がありました。内容は、認知症になられた祖父母の方の介護体験でしたが、川﨑さんが祖父母の方を1人の人間としてリスペクトされておられていたことがお話しの全体に通じて伝わってきました。介護の原点をお教えいただいた思いです。

 本研修会はケアラーを支えるサポーター(市民)の育成を目指したものですが、多くの学びを得た研修会でした。

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省