長崎大学「医歯薬共修授業」(第2回目)を参観しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 長崎大学「医歯薬共修授業」(第2回目)を参観しました

長崎大学「医歯薬共修授業」(第2回目)を参観しました

​ 10月24日(月)、先週に引き続き第2回目の「医歯薬共修授業」が実施されました。本センターでは、長崎大学病院第2、3講義室で実施された共修授業に宮野准教授、奥村助教、吉田助教の3人が参観させていただきました。

 症例は教室ごとにそれぞれ異なっていましたが、共修授業は小グループ別に症例の問題点や今後の方針を協議し、画用紙にまとめる活動から始まりました。その後、3つの小グループが一緒になってプレゼンターションを行いました。小グループ代表の発表に対し、「疼痛のコントロールは」「嚥下機能の低下への対応は」などと、多職種連携を意識した質問が学生から活発になされていました。なお、各グループに配置されたファシリテータ(教員)も、学生たちの主体的な学びがより進められるように効果的な支援・援助をしておられました。またときには、「優先順位は」などと切り返され、退院前カンファレンスで想定される場面を設定されるなど充実した共修授業でした。


動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省