第4回まちんなかサロンに参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 第4回まちんなかサロンに参加しました

第4回まちんなかサロンに参加しました

 7月28日(木)、長崎市包括ケアまちんなかラウンジ主催の第4回まちんなかサロンに、宮野准教授、奥村助教、吉田助教の3人が参加してきました。  

 会場のメルカつきまち5階市民生活プラザ会議室には、40人強の方々が参加されておられ、サロンに先立ってラウンジ主幹の宮地登代子さんから「まちんなかサロン」についてのオリエンテーションがありました。  

 次に、ハシモト耳鼻咽喉科の橋本 清先生が「ミミ寄りなハナし」と題してご講演をされました。ご講演の概要は、はじめに耳の構造ということで、耳から脳まで音が伝わる原理をわかりやすくご説明してくださいました。続いて、難聴、耳鳴り、補聴器についてのお話しをされ、治る難聴を放置しないこと、耳鳴りを感じている人の9割が難聴を伴っていること、補聴器は補聴器相談医のところで聴力検査やできれば言葉の聴き取りまで受けた方がよいことなど、大変ためになることばかりでした。  

 最後に、橋本先生は、「何か2週間、非日常的なこと(おかしい、気になる)が続いたら、かかりつけ医に行かれるをお勧めします」とまとめられました。  

 講演会終了後、11人の方々が自主的に残られて交流会を開催しました。ピアサポートの方を中心にすすめられる会では、それぞれが健康について日頃感じること、悩みや疑問などを自由に語り合う時間や空間をもつことができていました。

 

 

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省