医療・福祉連携センター第6回事業企画委員会を開催しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 医療・福祉連携センター第6回事業企画委員会を開催しました

医療・福祉連携センター第6回事業企画委員会を開催しました

 6月22日(月)、19時より第6回事業企画委員会を長崎純心大学地域連携センターで開催しました。初めに、6月12日(金)~14日(日)にパシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)で開催された日本老年社会科学会第57回大会でポスター発表を行った奥村助教と吉田助教の研究成果報告と今後の課題を確認し合いました。

 続いて、6月20日(土)・21日(日)に島原市共同研修センターで開催された第2回九州・山口家庭医療学セミナーについての報告がありました。なお、セミナーの詳しい様子は、医療・福祉連携センターのFacebookに掲載しておりますので、是非ご覧下さい。

 続いて、本委員会の継続課題となっているシナリオ事例案の検討に移りました。これまで議論したことを具体的な項目として構造化しながら、利用者の入院前後の生活情報や病状の経過等が盛り込まれているかどうかを各専門の立場から議論をしていただきました。事例には医学モデルから生活モデルへの円滑な移行を視野に入れることが肝要であるため、もう少し具体的な医学情報が必要があるのではという意見も出るなど、シナリオ事例案作成もかなり完成度を高めてきました。

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省