日本社会福祉学会第63回秋季大会にて発表を行いました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 日本社会福祉学会第63回秋季大会にて発表を行いました

日本社会福祉学会第63回秋季大会にて発表を行いました

 9月19日(土)・20日(日)、久留米大学御井キャンパスにおいて、日本社会福祉学会第63回秋季大会が開催されました。本センターからは、潮谷センター長,奥村助教,吉田助教の3人が参加しました。

 「地域福祉3」分科会では、潮谷センター長が司会進行を務められ、吉田助教が「地域包括支援センターの職員が認識している地域包括ケアの推進要件について-テキストマイニングによる自由記述の分析を通して-」と題して、奥村助教が「地域包括支援センターの職員が認識している地域ケア会議の開催要件について-テキストマイニングによる自由記述の分析を通して-」と題して、それぞれ口頭発表を行いました。

 地域包括ケアに対する参加者の関心は高く、研究内容や分析の方法等についてさまざまなご質問・ご意見をいただきました。

 また、潮谷センター長からも本センターの事業趣旨や調査研究の補足説明がありました。

 

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省