第6回共修ワーキンググループが開催されました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 第6回共修ワーキンググループが開催されました

第6回共修ワーキンググループが開催されました

 11月24日(火)、本学現代福祉学科と長崎大学医学部とが実施した「共修授業」の総括を行う第6回共修ワーキンググループが長崎大学医学部教育カンファレンス室で開催されました。本センターからは潮谷センター長ほか4人の教職員が、長崎大学医学部からは永田教授、井口教授ほか10人の教職員が参加しました。

 ワーキンググループでは、共修授業を振り返りながら、授業展開や時間配分、事前学習、事例の適正等について協議をしました。また、今回、長崎大学の文教キャンパスと扇町の長崎純心大学地域連携センターの両施設を使いましたが、サテライト教室の可否やネット回線等のついても意見を交換しました。

 潮谷センター長からは、両大学の学生による授業評価を統計的に分析した結果、今回の共修授業について一定の成果が見られるとの報告がありました。この件については、今後さらに分析を進め、関係学会等の機会をとらえて情報発信を行うことになりました。

 最後に、本日の協議をもとに、次年度に向けた取り組みを行うことを確認してワーキンググループは終了しました。

 

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省