長崎多職種連携・たまごの会主催 第1回勉強会「MSWを知ろう会」が開催されました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 長崎多職種連携・たまごの会主催 第1回勉強会「MSWを知ろう会」が開催されました

長崎多職種連携・たまごの会主催 第1回勉強会「MSWを知ろう会」が開催されました

 4月19日(日)、長崎大学医学部ポンペ会館で長崎多職種連携・たまごの会が主催する第1回勉強会「MSWを知ろう会」が開催されました。勉強会には、医学部だけではなく薬学部も含めて39人の学生等が参加しました。そのうち26人が長崎純心大学からでした。なお、指導助言には長崎純心大学の先輩で長崎みなとメディカルセンター市民病院の医療ソーシャルワーカーとしてご活躍の宮川江利先生にお願いをしました。

 勉強会では、医学部の荒倉由佳さんと内田直子さんの協力を受けながら、現代福祉学科4年生の荒田瑠美さん、中尾よしのさん、芳田彩夏さんの3人が初めてのファシリテーター役を務め、インタビュー形式で宮川先生に医療ソーシャルワーカーについての補足説明を受けることなどに挑戦しました。

 その後の事例をもとにしたグループディスカッションを通して他学部・他学科の学生たちと協力してさまざまなアイディアや意見を発表することができました。顧問の永田康浩先生(長崎大学地域包括ケア教育センター長)はこのように協働していくことが大切と総括されました。前述の内田さんは、「グループワークで同じ班になった長崎純心大学の学生が話している福祉の内容や略語が理解できるようになり、少しずつ、福祉について理解できている自分がいて嬉しいです。」と述べられています。

 たまごの会では、今後もさまざまな企画をしていくようですので、是非、皆さまのご参加をお願いしたいと思います。

 

〇勉強会の流れ〇
    9:30~ 9:35 アイスブレイク
    9:35~ 9:50 プレゼン「社会福祉士、医療ソーシャルワーカー(MSW)の説明」
      9:50~10:20 宮川江利先生にインタビュー
 10:20~10:30 休憩
 10:30~10:40 グループディスカッション
 10:40~11:00 発表
 11:00~11:20 フィードバック
 11:20~11:30 休憩
 11:30~11:45 事例紹介
 11:45~12:00 グループディスカッション

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省