多職種連携の卵たちの巣立ちと新たな連携を求めて

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 多職種連携の卵たちの巣立ちと新たな連携を求めて

多職種連携の卵たちの巣立ちと新たな連携を求めて

 3月18日(水)、平成26年度卒業証書・学位記授与式がカトリック浦上教会において挙行され、現代福祉学科に所属していた多職種連携の卵たちも新たな旅たちを始めました。彼らは、医療・福祉連携センターが行った地域包括支援センターの全国調査に協力したり、事業企画委員会に参加して学生の立場から意見を述べたりするなど、本センターにとって貴重な存在でした。
 また、五島での地域医療セミナーへの参加や秋田での全国シンポジウム発表などを通じて、長崎大学医学部生との連携も深めてくれました。卒業式はあいにくの雨模様でしたが、長崎大学地域包括ケア教育センターの平尾さんや医学部生の内田さん、林さん、松嶋くんが駆けつけてくれ、温かいお祝いのエールをいただきました。
 そして、新4年生になる後輩たちも卒業する先輩たちに花束を贈呈しながら、意志を引き継ぎ新たな連携を築こうと誓い合っていました。

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省