全国シンポジウム(秋田)にて「学生ポスターセッション」発表を行いました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 全国シンポジウム(秋田)にて「学生ポスターセッション」発表を行いました

全国シンポジウム(秋田)にて「学生ポスターセッション」発表を行いました

 11月15日(土)、秋田大学医学部等主催の全国シンポジウムの「学生ポスターセッション」において、本学現代福祉学科4年生の出雲幸奈さんと加藤小百合さん、3年生の戸口四郎くんの3人は長崎大学医学部生代表4名とともに「地域医療セミナーin GOTO」の成果を発表しました。医学部学生と福祉系の学生が「地域包括ケア」をテーマに協働して取り組んだ事例は全国的にも珍しく、多くの医学教育関係者からの注目されるものでした。
 懇親会の閉会挨拶で東北大学大学院医学系研究科医学教育推進センターの加賀谷豊教授から長崎純心大学と長崎大学医学部との取り組みにふれていただいたことは名誉あることでした。また、この発表に当たって先の事業企画委員会で指摘されたことを受けて、易きに流されることなく、連日深夜まで議論を重ねた学生の主体的な姿勢は今後の学生生活や卒業後の進路を歩む上でも貴重な体験だったと思います。
 両大学の学生は今回の取り組みを次年度以降さらに深化・発展したいと誓い合っていましたが、全国の医学教育者はもとより福祉関係者にも発信できる取り組みを今後とも継続してほしいと願っております。

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省