セミナー『医学の学び方を探ろう』に参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • セミナー『医学の学び方を探ろう』に参加しました

セミナー『医学の学び方を探ろう』に参加しました

 5月20日(水)、19時から長崎大学医学部セミナー室で医学科学生を対象とした学生向けセミナーが開催されました。講師の先生は、長崎大学地域包括ケア教育センターの松坂雄亮助教で、テーマは「医学の学び方を探ろう~医学科カリキュラム全体を概観し、本質的な勉強法を模索する~」でした。長崎純心大学からは宮野准教授と森事務が参加しました。
 セミナーは、急速な医学知識の進歩や医学教育の国際認証への動きなどから授業時数の増加や内容の高度化・細分化はあるものの、1~2年生は基礎医学(身体のどこに何があって、何をしているか)、3年生は病理学(どこに何が起こったら、どんな病気になるか)、3~4年生は臨床医学(病気をどのように診断し、治療していくか)など、「医者になる」その根本に立ち返って授業内容を問い直してほしいということでした。
 また、「とりあえず 必須の課題はバシッとこなす」、「勉強以外もいい医者になるための素養を磨く」等のメッセージを送られたり、参加学生からの質問に丁寧に応えられたりするなど、ガイダンス機能をもたせた充実したセミナーでした。

 

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省