佐々町「生きがい教室」に参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 佐々町「生きがい教室」に参加しました

佐々町「生きがい教室」に参加しました

 2月2日(火)午前10時から佐々町福祉センターで開催された佐々町地域包括支援センター主催の「生きがい教室」に宮野准教授が参加しました。この日は32人の高齢者が参加されていましたが、「生きがい教室」が始まる前から会場には楽しそうな会話や笑い声があふれ、地域包括支援センターの江田さんは参加者一人ひとりと握手をされながらコミュニケーションをとっておられました。

 本日の教室は、町臨時職員の松本さんと横田さん、ボランティアの中村さんが運営を進め、指導員の大音さんが運動の指導を担当しました。手のマッサージや指体操から始まり、がんばらんば体操、ストレッチ、3B体操と続きました。皆さん自分のペースでこれらのメニューをこなしておられましたが、時々「無理せんでよかとよ」の声を聞くと思わず力が入り、互いに爆笑でした。

 午前の後半は脳トレの計算やパズルでしたが、参加者は自主的に机や座布団を準備されるととに、一生懸命に挑戦されました。答え合わせを担当した松本さんと横田さんの息の合った進行ぶりは、チームティーチングそのものでした。口腔体操に入ったところで、皆さんから学びを共有できたことへの労いの拍手を受けながら退席しましたが、佐々町の高齢者の皆さんは毎週1回開催される「生きがい教室」に参加するでことを楽しみにしているとともに互いに元気をもらっていることを実感しました。

 

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省