雲仙市地域包括支援センターを訪問しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 雲仙市地域包括支援センターを訪問しました

雲仙市地域包括支援センターを訪問しました

 2月17日(水)午前、雲仙市地域包括支援センターを宮野准教授が訪問しました。雲仙市は、介護保険部門を島原市と南島原市と一緒になって島原地域広域市町村組合を構成し、そこが保険者となっているところが特徴です。

 雲仙市地域包括支援センターでは、介護予防普及啓発活動に力を入れており、介護予防フォーラム、認知症サポータ養成講座、転倒骨折予防体操普及教室などの事業を展開・支援しておられました。特に、転倒骨折予防体操普及教室では雲仙市独自DVD教材「転ばんごとがんばらんば体操」を作成しており、活用されているとのことでした。対応された吉武直樹所長は、「認定率の低下をこれらの介護予防事業の成果と言いたいのですが。」と謙遜がちにおっしゃられました。

 また、地域ケア会議についても、個別課題に取り組む地域ケア個別会議、各町(圏域)ごとに開催する小地域ケア会議、市レベルの地域ケア会議と階層化して、すでに定例的に開催しておられました。さらに、必要に応じて開催する地域ケア推進推進会議は、地域の社会資源の整備や政策の立案・提言の機能も担っておりました。

 ところで、雲仙市地域包括支援センターには、本学出身の田中奈緒子さんが社会福祉士として活躍されておりました。少しお時間をいただきましたが、地域包括支援センターの仕事にやりがいと誇りをもっておられることが伝わってきました。また、学生時代のことを懐かしく語られるなど楽しい時間をもてました。

 

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省