長崎市スクールソーシャルワーカー研修会に参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 長崎市スクールソーシャルワーカー研修会に参加しました

長崎市スクールソーシャルワーカー研修会に参加しました

​ 4月21日(木)、長崎市スクールソーシャルワーカー研修会に、潮谷センター長他3名の教員が参加してきました。スクールソーシャルワーカーは、児童生徒が置かれている様々な環境に働きかけ、家庭、学校、地域の関係機関等をつなぎ、児童生徒の悩みや課題解決に向けて支援する専門家のことです。長崎市にはスクールソーシャルワーカーが、長崎県から派遣された1名と長崎市独自の8名、計9名の配置されています。

 長崎市教育委員会では、配置されたスクールソーシャルワーカーの資質や対応能力の一層の向上を図るため、本研修会を企画し、スクールソーシャルワーカー養成校である本学の潮谷センター長(教授)にその講師を依頼されました。

 これまで3回の講義で、潮谷センター長は、スクールソーシャルワーカー活用事業の趣旨や事業内容はもとより、社会保障制度や社会福祉士制度、社会福祉における政策と実践との関係なども取り上げました。受講されている9人のスクールソーシャルワーカーも熱心に講義に集中されており充実した研修会となっております。講義の終わりに質問タイムが設けられていますが、積極的に質問をされるなどスクールソーシャルワーカーの本研修会に期待するものが伝ってきます。

 本センターでは、9名のスクールソーシャルワーカーがソーシャルワーク的な視点や手法を発揮し、学校を支援してくださることを願っています。

 

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省