「医療と福祉の融合が導く次世代の医療人育成」シンポジウムを開催いたしました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 「医療と福祉の融合が導く次世代の医療人育成」シンポジウムを開催いたしました

「医療と福祉の融合が導く次世代の医療人育成」シンポジウムを開催いたしました

 9月17日(土)、長崎大学医学部良順会館で「医療と福祉の融合が導く次世代の医療人育成」シンポジウムが下記プログラムで開催され、医療・福祉分野の関係者など122人の皆様が参加されました。

 初めに、松坂誠應長崎大学副学長と片岡瑠美子長崎純心大学長による開会のあいさつがありました。その中で片岡学長は、本事業が順調に進展していることに加え、来年度から名称変更となる「地域包括支援学科」のことにもふれていただきました。続いて、富岡 勉衆議院議員(前文部科学省副大臣)からお祝いのことばをいただきました。

 事業進捗状況に移り、永田康浩長崎大学地域包括ケア教育センター長は、地域を基盤とする教育体制の整備、全学年に及ぶ地域医療実習の展開など長崎大学医学部の取組状況を報告されました。続いて、潮谷有二長崎純心大学医療・福祉連携センター長は、厚生労働省に「我が事・丸ごと」地域共生社会実現本部が設置され、これまでの2025年を目途とした地域包括ケアシステムが2035年を目途にさらに深化しつつあることを紹介されるとともに、4年間の長崎純心大学側の取組状況を大きく調査研究、教育(学生の学び)、共修授業に分けて報告されました。

 次に、活動報告ということで、長崎大学地域包括ケア教育センターの門村由紀子さんが地域包括ケア臨床実習体制づくりで果たした連絡調整事務員の役割を、長崎純心大学医療・福祉連携センターの奥村あすか助教が長崎大学と長崎純心大学との共修授業について報告しました。学生側からは長崎大学医学部5年の永田宗大君が地域包括ケア臨床実習を通して多くの学びがあったことを、たまごの会代表の長崎純心大学現代福祉学科3年山口晃平君と長崎大学医学部医学科2年の西迫広貴君は、これまでの活動から得たことやこれからの活動スケジュールを発表しました。特に、奥村先生の共修授業活動報告には、参加者の関心も高く、具体的な成果やその根拠について、また、今後の課題についてなど多くの質問をいただきました。シンポジウムの中で議論されたことを共修授業ワーキンググループなどに還元し、本年度の共修授業のさらなる充実を目指していきたいと思っています。

 その後、特別講演に入りました。初めに上智大学の栃本一三郎先生が「地域包括ケアシステム再考-ヨーロッパにおける包摂政策への転換を視野に入れて-」と題してお話しをいただきました。先生は、EUの社会的統合の難しさにも言及されながら、これまでの地域包括ケアシステムは高齢者を対象としていたが、人口減少社会や格差社会の中での地域包括ケアシステムは、子ども・若者や、高齢者、障害者、失業者など全世代を対象として広げるべきである。そのためにはintegrate(統合)からinclusive(包摂)への転換が望まれ、いろいろな人を包摂しながら、やりくり、できることはお互いにやりましょうといった気持ちが大切であるとまとめられました。続いて、文部科学省の佐々木昌弘先生が「社会医学的な視点と総合診療医の役割」と題して講演をされました。先生は、160年前、ここ長崎の地で西洋医学が導入されたことにもふれられながら、医療制度の推移、地域医療計画、文部科学省の医療人育成の基本的な視座などを紹介していただきました。

 最後に、本事業の責任者である下川学部長が閉会の挨拶をされ、無事、シンポジウムは終了しました。両大学学生たちの主体的で探究的な学びを通して事業が着実な成果を挙げつつあることを再確認するとともに、ご多忙な中、本シンポジウムにご参加いただきました皆様方に厚くお礼申し上げます。

 


シンポジウムプログラム
〇 開会挨拶
   長崎大学副学長  松坂誠應
   長崎純心大学学長 片岡瑠美子
〇 事業進捗状況
   長崎大学地域包括ケア教育センター長 永田康浩
   長崎純心大学医療・福祉連携センター長 潮谷有二
◯ 活動報告 座長/長崎大学医学部先端医育センター 教授 安武 享
  「地域包括ケア臨床実習-体制づくりとその実際-」
    長崎大学地域包括ケア教育センター 連携調整事務員 門村由紀子
  「長崎大学・長崎純心大学共修授業について」
    長崎純心大学医療・福祉連携センター 助教 奥村あすか
  「5年次臨床実習における地域医療在宅実習を経験して」
    長崎大学医学部医学科5年 永田宗大
  「長崎多職種連携・たまごの会~これまでの活動と今後の展望~」
    長崎純心大学現代福祉学科3年 山口晃平
    長崎大学医学部医学科2年   西迫広貴
◯ 特別講演Ⅰ 座長/長崎純心大学医療・福祉連携センター長 潮谷有二
  「地域包括ケアシステム再考
    -ヨーロッパにおける包摂政策への転換を視野に入れて-」
   演者/上智大学 総合人間科学部 社会福祉学科 教授 栃本一三郎
◯ 特別講演Ⅱ 座長/長崎大学社会医療科学講座地域医療学分野 教授 前田隆浩
  「我が国の目指す医療のあり方と医学教育、そして医療人育成」
   演者/文部科学省高等教育局医学教育課企画官 佐々木昌弘
      (地域人材育成専門官)
◯ 閉会挨拶
   長崎大学医学部長 下川 功

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省