岡山大学で開催された「病院総合診療の未来を見つめて」 シンポジウムに参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 岡山大学で開催された「病院総合診療の未来を見つめて」 シンポジウムに参加しました

岡山大学で開催された「病院総合診療の未来を見つめて」 シンポジウムに参加しました

 12月21日(日)、宮野澄男准教授、奧村あすか助教、吉田麻衣助教の3人は岡山大学医療教育統合開発センターが主催する「病院総合診療の未来を見つめて」シンポジウムに参加しました。岡山大学医学部では、地域を支え、地域を科学する総合診療医GP(General Physician)の育成を目指して、全人的医療を実践するHeartful GPの育成とリサーチマインドを醸成するArtful GPの養成に力を入れて取り組んでおられました。
 併せて、3人は来年2月7日(土)に長崎大学医学部と共催で開催するシンポジウムの運営面につきましても、司会進行、会場配置、資料配付等の視点から視察をして参りました。

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省