長崎大学「医歯薬共修授業」を参観しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 長崎大学「医歯薬共修授業」を参観しました

長崎大学「医歯薬共修授業」を参観しました

 10月17日(月)、長崎大学医学部及び長崎大学病院において3学部4学科(医学科4年、保健学科4年、歯学科4・5年、薬学科4年)を対象とした「医歯薬共修授業」が実施されました。本センターでは、第2講義室での共修授業に宮野准教授、奥村助教、吉田助教の3人が参観させていただきました。

 共修授業は21のグループに分かれてのグループワークでしたが、その内容は提示された症例を専門職の視点に立って検討し、退院カンファレンスの中で今後の方針を提案するというものでした。

 学生たちは、準備されたMRI画像や口腔内のパノラマX線画像などをそれぞれの立場から専門的解釈を加えて説明し合い、「へぇ-」、「なるほど」、「見事」などと感心しながらお互いの職種をリスペクトし合う場面が数多く見られました。

 今回の症例では、医学情報の他に社会的情報としてジェノグラムも示されており、福祉の視点をもつ長崎純心大学の学生だったらどのように議論に加わるのか楽しみな思いもしました。


動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省