「オレンジカフェ よかとこ」に参加しました

  • Home > 
  • ニュース > 
  • 「オレンジカフェ よかとこ」に参加しました

「オレンジカフェ よかとこ」に参加しました

 5月13日(土)、琴海市地域包括支援センターが主催する「オレンジカフェ よかとこ」が琴海活性化センター「四季彩館」で行われ、吉田助教及び地域包括支援学科2年生と1年生の2人が参加しました。


 「オレンジカフェ よかとこ」とは、認知症の方や介護をしている方、認知症を学びたい地域の方、専門職の方等だれでも参加でき、お茶を飲みながら気軽に認知症の相談や情報交換が出来たり楽しく認知症のことを知ることができるところでした。


 「オレンジカフェ よかとこ」では毎月1回イベントが行われ、5月は「ぬくもりを届けたい、手から心へ ~音楽レクリエーションを楽しもう♪~」というテーマで、講師の先生はもってこい長崎 レクリエーショングループお手玉の会会長 中島 るり子先生でした。明るい雰囲気の中、参加者は「ふるさと」を歌ったり、歌謡曲を聞いたりしながら当時を思い出したり、お手玉をしながら楽しく脳と身体を動かしました。質疑応答では、本学の学生もレクリエーションの方法について質問したりと充実した時間となりました。


 また、情報交換では、学生は積極的に参加者のテーブルに入っていき、交流を深めていました。学生からは「楽しかったし、学びにもなった」「たくさんの方と交流が出来てよかった」という感想がありました。地域住民の方々からも「学生にも入ってもらいながら地域を活性化していきたい」という声がありました。


 参加した学生は長崎多職種連携・たまごの会にも所属しており、「今後も定期的に参加したい。サークルの他のメンバーにも周知したい」と意欲的に話してくれました。今後も学生が地域に入り込み、地域住民の方々から学びを得て、将来専門職となり地域へ還元していって欲しいと思います。

 


 

>

 

動画 2017

長崎純心大学医療・福祉連携センター Facebook

報告書

地域包括ケア教育センター

地域医療学分野

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科離島・へき地医療学講座

文部科学省

厚生労働省