調査研究

調査研究

全国調査平成23年の介護保険制度の見直し以降、地域包括支援センターを基軸とした地域包括ケアシステムの構築が期待されております。

地域包括ケアシステムの実施には、高齢者個人に対する支援の充実と、それを支える社会基盤の整備とを同時に進める「地域ケア会議」が重要な役割を担っております。そして、その主催には市町村または地域包括支援センターが位置づけられています。

そこで、本センターでは調査研究活動の一環として、地域包括支援センターの現状と課題を明らかにするために、全国の地域包括支援センターを対象に調査を実施。


平成27年度

   ▸平成27年度 調査票 (PDF)

 

 

平成25年度

全国4,834の地域包括支援センターを対象に調査を実施。(2014年2月6日(木) 調査票発送)

回収された1,217件に対してコーディング作業、データ入力、データクリーニングを行い、最終的には1,206件に対し統計的分析を行いました。作業には、本学学部生及び大学院生の協力を得ています。

   ▸平成25年度 調査票 (PDF)