交流行事

交流行事

4月

フレッシュマンセミナーキャンプ

毎年4月には、新入生を対象に1泊2日のフレッシュマンセミナーキャンプが開催されます。短期留学生も比較文化学科の学生と一緒にこのキャンプに参加し、日本人学生との交流の機会を持っています。

「留学について話そう」

留学生や留学経験のある学生、海外研修を担当している教員と、留学に興味を持っている学生が話をするチャンスです。留学中の生活やホストファミリーのこと、楽しかったことや困ったことなど、ランチをしながら話がはずみます。

5月

マインツ・カトリック大学(ドイツ)短期研修受入れ

社会福祉を専攻するドイツの学生が約10名来日します。学内での講義、社会福祉施設や教育機関の見学と学生交流が行われます。
マインツ・カトリック大学とは派遣と受入を交互に行っており、2018年度は本学の学生がドイツでの短期研修を行います。

8月

長崎純心大学サマースクール

上智大学の留学生を対象としたサマースクールが実施されます。長崎のキリシタン、信徒発見、原爆投下等を中心に関連施設・場所の見学や講義を行います。
プログラムはすべて英語で行われ、本学学生にもアクティブ・ラーニングAとして開講されます(履修人数に制限があります)。留学生は滞在中、ホームステイをして日本の習慣や文化などを体験します。

1月

姉妹校留学生「日本小研究」発表会

指導教員のもと、1年間の留学の成果としてまとめた「日本小研究」を一人ずつ発表します。フロアとの質疑応答も活発です。

平成28年度短期留学生の研究テーマ
  • 中日幼児教育対比
  • 長崎唐寺に関する研究
  • 「落花」の心象風景ー『玉台新詠』と『万葉集』を比較して

2月

姉妹校留学生修了式

1年間の留学の締めくくりとして修了式を行います。場所は本学聖堂。聖書のことばに耳を傾けながら、留学生活の1年間を振り返り、これからの将来のことに思いを馳せる留学生たち。代表による「感謝のことば」には1年間の留学生活の成果や想いが詰まっています。修了式には在学生も多数出席し、別れを惜しみます。