入試FAQ

入試FAQ

入試編

Q1: 面接試験では、どのようなことが質問されますか?
A1: 面接は、全て個人面接です。本学への志望動機や高校時代の学生生活などが質問の中心になります。
また、志望学科への志向性、勉学に対する意欲などもポイントになります。
Q2: AO入試の面談では、どんなことが聞かれますか?
A2: AO入試は、学力試験や従来の推薦入試では判別し得ない様々な能力や活動を総合的に判断する入試制度です。
面談の際には、出願希望者に対し、これまでの活動歴や本学入学後の目標、将来に向けて意欲などを確認することになります。
Q3: 地方創生特待生入試で実施される面接試験は、他の入試の面接試験と内容が違いますか?
A3: 地方創生特待生入試は、長崎を愛し、将来長崎や地域発展のために活躍する人材を養成する目的で新設した入試です。
したがって、面接では、長崎や地域に対する志向性をアピールできることが大事なポイントのひとつとなります。
Q4: 公募推薦入試の小論文対策がありますか?
A4: これまでの出題傾向としては、時事問題や論評、エッセイなどから出題されています。過去の問題は、問題集に掲載しています。
Q5: 一般入試(A日程)はマーク方式ですか?記述式ですか?
A5: 一般入試(A日程)の解答方式は、全て記述式です。
Q6: 一般入試(A日程)の選択科目は、いつ選択するのですか?
A6: 選択科目は、出願時に提出する「志願票」に記入します。一旦提出してしまったら、科目変更はできないので注意してください。
Q7: 一般入試(A日程)の選択する科目による有利不利はありますか?
A7: 問題作成にあたり、受験生への有利・不利が出ないよう問題の量や質、科目間バランスなど細心の注意を払っています。
Q8: 過去の入試問題は入手可能ですか?
A8: はい。本学のウェブサイト、またはお電話等で申し込むことができます。

資料請求フォーム

お問合せ

Q9: 入学検定料は、どのように支払うのですか?
A9: 検定料の納入方法は、銀行振込、ゆうちょ銀行振込、コンビニ支払があります。
詳しくは入学試験要項を確認してください。

[人文学部]検定料の納入方法

[大学院]検定料の納入方法

学生生活編

Q1: クラブ・サークルはどんなものがありますか?
A1: スポーツ系、文化系、ボランティア系のクラブ・サークル約40団体が活動しています。新入生を対象にクラブ・サークルの活動内容を紹介するイベントも開催されます。
サークル活動を通して他学科・他学年、時には他大学の学生との交流もうまれ、キャンパスライフがより充実したものになります。

クラブ・同好会一覧

Q2: 住まい(ひとり暮らし)についての情報を聞きたいのですが。
A2: 自宅から通学することが難しい方へは、住居の紹介をしています。安心できる不動産業者の紹介、下宿、貸間、大学指定アパートの情報をご提供します。
これらの住まいは、バスで20〜30分ほどのところにあり、通学にも暮らしにも便利です。
※平成28年度より学生寮がキャンパス内に併設されました。

住まい

Q3: どのような時間割になりますか?
A3: 大学では、同じ学科に所属している学生でも、取得したい免許・資格や学修したい分野によって時間割が異なります。
授業は本学の場合1日5時限で構成されていて、1時限目は9:00から開始、5時限目は17:45に終了します。1時限の授業時間は90分です。
Q4: 留学ができますか?
A4: 本学では、海外の12の大学と姉妹校提携を結びさまざまな留学プログラムを推進しています。特に単位互換制度留学はおすすめです。文化コミュニケーション学科では、韓国、ドイツ、スペイン、ニュージーランドへ半年間の単位互換留学を行い、留学先で修得した単位が本学の単位として認められます。この制度は、留学しても休学することなく4年間で卒業できるという大きなメリットがあります。
また、授業の一環として数週間海外実習や研修に行くプログラムもあります。学生は、自らの学習目的にあったプログラムを選択することができます。

留学・国際交流

Q5: 教員免許状はどの学科で取得できますか?
A5: すべての学科に教職課程を設置しています。取得できる教員免許状の種類は学科によって異なります。
Q6: 就職率はどのくらいですか?
A6: 平成29年3月の卒業生は就職率100%でした。本学では、1年次から継続的にキャリアガイダンスを行い、各種資格試験対策講座の実施、SPIテストの無料実施、キャリアカウンセラーの常設、その他幅広い支援を行っています。これらの取り組みが、高い就職率達成も可能にしています。

就職実績

Q7: 学費について教えてください。
A7: 初年度学費は、入学料+授業料+教育充実費=112万~115万円です。2年次以降の学費は、授業料+教育充実費=90万円~97万円です。学費の内容は学科や学年によって異なります。
長崎純心大学人文学部に兄弟姉妹が2名以上在学する場合、2人目以降の学生は年間20万円の授業料が減免される制度もあります。

学費

Q8: どのような奨学金がありますか?
A8: 本学の学生が多く利用しているのは、日本学生支援機構の奨学金です。
高等学校在学中に手続きが必要なものもありますので、利用を希望する場合、計画的に準備をすることが重要です。他に、民間の奨学制度や地方公共団体の奨学制度を利用している学生もいます。本学独自の奨学金としては、家計の急変等の理由で学費の一助として給付される江角記念奨学金があります。

奨学金