比較文化学科

比較文化学科

文化の多様性を理解すると共に、人間としての、変わらない真理を探求しています。

比較文化学科の学びの特色

文化理解のための3領域

多様な文化を「歴史・社会」「言語・文化」「思想・芸術」の3領域に分け、自分の興味・関心に従って履修プログラムを立てて学びます。

地域から世界へ

長崎の歴史的文化遺産を大切にすると共に、世界の文化を知ることを通して、現代に必要な世界的視野を持つことを可能にします。

実践力・即戦力・コミュニケーション能力の育成

「日本語表現法I・II」「文献講読演習I・II」という科目の重視、「卒業論文(400字詰50枚以 上)」の指導の徹底を通して、高度な資料読解・要約・推理の能力、発表における基本的なプレゼンテーション能力、人間関係を構築する上で欠かせない社会人 としてのコミュニケーション能力を培っています。

取得資格・免許

  • 高等学校教諭一種免許状 (国語・地理歴史)
  • 中学校教諭一種免許状 (国語・社会)
  • 学芸員資格
  • 司書資格
  • 司書教諭資格
  • 日本語教員養成コース
  • 情報処理士

採用ご担当者の皆さまへ 求人登録のご案内