大学院

大学院

「人間文化とは何か」「人間の福祉(幸福)とは何か」「人間のこころとは何か」「人間の成長の原点(保育)とは何か」を問い、改めて「人間であるとは何か」を根源的に探求していきます。

人間文化研究科で研究する4つの分野

比較文化研究(博士前期・後期)

思想・歴史・言語文化の観点からアプローチする日本文化研究や西洋文化研究、それに国際関係研究などからなる。それぞれの専門分野の研究を深化させると同時に、日本・西洋文化の比較研究を通して人間文化の普遍性を追求する。

臨床心理学(博士前期)

臨床心理学を中心とする関連の心理学研究分野からなり、近年社会的要請が強くなってきた心理臨床に係る臨床心理士(スクールカウンセラーなど)の養成を具体的な目的とする。

福祉文化研究(博士前期・後期)

「福祉なるもの」の研究を人間文化研究の一環として捉え、社会福祉、精神保健福祉、さらに福祉文化の研究や実践で、内外から強く要請される課題に応える福祉人材の養成を目指す。

児童保育文化研究(博士前期)

児童の保育・教育に関わるより精深な学識を、人間文化研究を踏まえた広い視野に立って培い、今日的な実践課題となる児童保育学理解の深化を目指し、各種現場における高度な専門的職業人の養成に努める。

取得資格・免許

高等学校教諭専修免許状(公民・福祉・英語・国語)
学士の学位を有し、それぞれ専門となる教科の高等学校教諭1種免許状を取得していることが条件。
中学校教諭専修免許状(英語・国語・社会)
学士の学位を有し、それぞれ専門となる教科の中学校教諭1種免許状を取得していることが条件。
臨床心理士受験資格(第1種指定校)
臨床心理学分野のみ

リンク先採用ご担当者の皆さまへ 求人登録のご案内