取得資格

取得資格

文化コミュニケーション学科 取得可能資格・免許

高等学校教諭一種免許状(国語)(英語)
中学校教諭一種免許状(国語)(英語)

教職課程を履修することにより、教諭一種免許状を卒業と同時に取得することができます。
公立学校の教諭を目指す場合は、都道府県または市町村が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。そのために学内で対策講座を実施するなどのサポートを行っています。

日本語教員養成コース

日本語教員とは、外国人に対して日本語を外国語として教える専門家のことです。
日本語教員養成コースでは、日本語の構造や教授法等に関する科目の履修と並行して、国内外で教育実習を行っています。また、財団法人日本国際教育支援協会が実施している日本語教育能力検定試験の受験をすすめています。

学芸員

美術館や博物館、資料館で歴史、民俗、美術などに関する資料を収集、保管、展示し、それらの資料に関する調査研究を行う高度な専門職です。
学芸員資格を取得するためには、博物館法施行規則により本学が定める科目の履修が必要です。

司書

図書館資料の収集や保存、各種情報の加工や組織化、利用者への情報サービス等に従事する専門職です。
司書資格を取得するためには、図書館法により本学が定める科目の履修が必要です。

司書教諭

小、中、高等学校の図書館で、図書の選択や保存、読書相談、読書指導等を行う専門職です。
教諭であることが前提とされているため、司書教諭と呼ばれます。
司書教諭資格を得るためには、教員免許状の取得に加えて、学校図書館法により本学が定める科目の履修が必要です。

上級情報処理士

(一財)全国大学実務教育協会が認定する資格です。幅広い知識と高度な技術が要求され、指定された科目の中から指定数の単位を修得したものに与えられます。

※すべての免許・資格を4年間で取得することはできません。