学生メッセージ

学生メッセージ

在学生からのメッセージ「私たちが熱心に学んでいること」

地域包括支援学科4年 谷口 宗士さん(長崎南山高等学校 出身)

谷口 宗士さん

私は現在、現代福祉コースに在籍しており社会福祉士とスクールソーシャルワーカーの資格取得を目指し、日々の勉学に励んでいます。本学科では、幅広い分野の講義や専門的な実習があり、専門的知識の習得や自分自身の価値観・世界観についても考えを深めることができ、充実した大学生活を送れると思います。また、これから福祉ニーズが高まっていく社会で、福祉を学ぶことはとても有意義なことだと思います。


地域包括支援学科3年 白畑 歩美さん(長崎県立猶興館高等学校 出身)

白畑 歩美さん

私は現在、介護福祉コースに所属しており介護福祉士と社会福祉士の資格取得を目標に勉学に励んでいます。講義では、福祉に関する専門的な知識や技術を学ぶことができ、それに加えて制度や法律も学ぶことができます。実習は、1年の夏季と冬季に2回行われ、まずはコミュニケーションから始まり、2年、3年、4年と進級するごとに、養護老人ホームだけでなく障害者施設を含めたさまざまな施設で専門的な実技を体験したり、現場で働いている職員の方に助言をいただいたりします。これからも将来を見据えて積極的に様々な事に取り組み、多くの知識を得たいと思います。


卒業生からのメッセージ

鰐口 研人 さん(長崎県立長崎北高等学校 出身)<社会福祉士>

地方独立行政法人長崎市立病院機構
長崎みなとメディカルセンター 市民病院 医療連携センター勤務
医療ソーシャルワーカー

鰐口 研人 さん

現在、病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務しています。主に患者様の退院や転院に関わる経済的な問題、家族や転院先の病院との調整など、患者様がその人らしく地域で生活ができるよう環境調整等の業務を行っています。
そのためには社会資源に関する知識の取得が不可欠でありますが、法律や制度も頻繁に変化するため、勉強の毎日です。社会福祉士として業務をしていますが、この資格取得のための大学での学びが、今の私の業務を行う上での基礎となっています。
社会福祉士は高齢者、児童、障がい者など様々な分野で活躍できます。皆さんも大学で幅広い知識と技術を身につけ、自らの自己実現に向けて頑張ってください。


南部 由梨絵 さん(長崎県立佐世保西高等学校 出身)<社会福祉士・介護福祉士>

長崎市桜馬場地域包括支援センター 勤務

南部 由梨絵 さん

私は地域包括支援センターの社会福祉士として働いています。大変な毎日ですが、地域で生活する方の相談に応じ、尊厳ある生活が継続できるよう日々取り組んでいます。
介護福祉士養成課程での理論から実践まで学ぶことができるカリキュラム、親身になって指導してくださる先生方、ともに考え学びあえる仲間との出会い。長崎純心大学で学び得たこれらが私の人生の土台となって、今を支えてくれています。きっと「ここに来てよかった」と思えるようなかけがえのない経験が待っているはずです。