学科概要

学科概要

「人間」っていったいなんだろう?その答えは「文化」にある
人間という存在の本質を理解するための文化研究を目指しています。

比較文化学科

比較文化学科の特徴

専攻を「日本」「アジア」「ヨーロッパ」という地域に分けることで、それぞれの地域の言語、文化、歴史などを総合的に学ぶことが可能になり、スペシャリストの養成が可能になりました。
また、「長崎学」「英語」「情報コミュニケーション」「国際コミュニケーション」の副専攻は比較文化学科の伝統を活かしつつ、社会へ出てからの実践力を養います。

専攻
日本文化
専攻
アジア文化
専攻
ヨーロッパ文化
専攻
日本語学・日本文学・日本史・日本の宗教、思想・日本民俗学・考古学などを中心に様々な視点から<日本>を研究します。 中国語・韓国語・アジア文化論・漢文学・東洋文化史・東洋の思想などを中心に、地域としては、中国・韓国・インドを主なフィールドとします。 スペイン語・ドイツ語・キリスト教関連科目・西洋文化史・英米文学関係科目・西洋史などを中心に、地域としては、スペイン・ドイツを主なフィールドとします。
副専攻
長崎学 英語  情報
コミュニケーション
国際
コミュニケーション
興味のあるものを選んで副専攻とすることができます

比較文化学科のポイント(平成28年度以降)

1. 3つの専攻と4つの副専攻ができます

「日本文化」「アジア文化」「ヨーロッパ文化」の中から1つの専攻を選択します。
これらの専攻に4つの副専攻を組み合わせることで幅広く、より深い知識を身に着けることができます。

2. 留学先が増えます

単位互換制度により、留学しても4年間で卒業することができます。

  • ドイツ(アイヒシュテット・カトリック大学)
  • スペイン(アルカラ大学)
  • 韓国(韓国カトリック大学)
  • 中国(北京外国語大学) 等
3. 資格・免許はそのまま残ります

資格・免許はこれまでどおり取得可能です

  • 国語(中学・高校)、社会・地歴教員免許
  • 学芸員資格
  • 司書・司書教諭資格
  • 日本語教員養成コース
  • 情報処理士