学科概要

学科概要

児童・幼児の育成・支援などを担う専門知識と豊かな人間性に満ちた人材養成を目指します。

今日、子どもたちを取り巻く環境の変化により、様々な現象や問題が起きています。「児童保育学科」は、高度な専門知識と技能を体得することはもちろん、確かな子ども観や保育観・教育観を持った人、幅広い教養と視野を持った人間性豊かな人、複雑化した今日の諸問題に対応できる意欲と指導力のある人を育てることを目的にしています。

児童保育学科の特徴

子どもに関すること、子どもを取り巻く環境に関すること、保育及び児童教育に必要な知識・技能に関することを、6つの領域から学びます。

児童保育学科の領域(分野)

「保育・教育・福祉の意義と基本的原理の理解に関わる科目」

「保育原理」「教育の基礎理論」「児童家庭福祉」など、保育や教育に関する問題を学問的に探究しようとする際のコア(核心)となる科目群から成り、その多くは必修です。

「子育て支援の方法と相談・援助技術に関する科目」

現代の保育者には、子どもと向き合うだけでなく、その保護者を支援し、地域に貢献できる力量が求められます。そうした援助技術の習得に資するための科目群です。

「児童又は人間の心理学的・生理学的理解に関わる科目」

科学的な視点から子どもへの理解を深めることを目的とした領域です。「発達と学習の心理学」など心理学系の教科目と、医学・栄養学など生理学関連の教科目から成ります。

「基礎技能と創造的表現」

感受性豊かな子どもの育ちに大きな意味をもつ音楽・造形・身体表現等を追求します。ピアノが弾けない、絵は苦手という人でも、自分のレベルや個性に応じて楽しく学習できます。

「保育・教育の内容と方法の理解に関する科目」

幼稚園と保育所における保育内容、小学校教育課程における各教科の指導法などを具体的・実践的に学びます。自分の目指す進路に応じた選択履修が基本となります。

「保育・教育実習」

授業で学び得たことを保育・教育・福祉の現場で生かす場面です。事前・事後の指導も個別あるいは少人数のグループごとに、年間を通して行います。

児童保育学科のポイント

1 幅広い学び

「乳幼児期からの一貫した人間形成の過程を視野に置いて初めて、あるべき教育の姿が見えてくる」という考えのもとに、最新の保育・教育の内容について幅広く学ぶことができるカリキュラムが準備されています。

2 感性、創造力、行動力の育成

知性のみならず、子どもと関わるときに必要とされる感性や創造力、組織の中で動くための行動力や人間関係形成力を体験的活動の中から学ぶ機会がたくさんあります。

3 即戦力の育成

学外での実習や体験学習、保育・教育支援活動などのボランティアを通して、子どもたちと関わる機会が豊富で、実際に保育・教育の場で必要とされる「力」を身につけることができます。