熊野 晃三

熊野 晃三

地域包括支援学科 教授

熊野 晃三

地域に根ざした民族的なスポーツ活動(エスニックスポーツ)についての研究を中心に行っています。現在は、長崎県におけるエスニックスポーツの歴史や文化変容について、総合的に研究を進めています。

また、わが国の近代における体育・スポーツ活動にも注目し、特に地方におけるスポーツ文化の展開に関心を寄せています。
実技では、バレーボールを研究対象とし、監督として女子チームの指導を行い、九州大学女子リーグ等に参戦し上位を目指しています。


基本情報

学位
修士(体育学)(日本体育大学大学院 体育学研究科 体育学専攻 1982年3月)
専門分野
体育・スポーツ史
スポーツ人類学
バレーボール
研究テーマ
長崎のペーロン競漕について
バレーボールの競技力向上について

担当科目

学科
  • スポーツ文化論
  • 生涯スポーツⅠ・Ⅱ
  • 体育科教育法
  • からだ育ての基礎

主な研究業績

年月 著書・学術論文名他 掲載誌名又は学会名
1991年3月 日本のボウリング発祥に関する研究 
-ボウルを中心として-
純心女子短期大学紀要
第27集
1991年10月 「先生なぜですか」ネット型球技編 
0のことをなぜラブと呼ぶの?
大修館書店
1993年6月 運動の技術指導に関する研究
-バレーボールのスパイクを中心として-
幼児教育第9号
(純心女子短期大学幼児教育研究所)
1995年4月 スポーツ史講義 大修館書店
1997年3月 長崎の外国人居地におけるスポーツに関する研究
-ボウリング場の開設を中心にして-
純心人文研究第3号
(長崎純心大学)
1998年11月 長崎のペーロン -競技と伝統の間- 体育の科学 
第48巻 第11号
1999年4月 近代体育スポーツ年表(三訂版)1800→1997 大修館書店
2004年3月 20世紀日本社会における民族スポーツの文化変容 Ⅰ.民族スポーツの分布、長崎県 平成9年度~平成12年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))研究成果報告
2004年3月 長崎ペーロン競漕の変容
-港内ペーロンの担い手の推移を中心として-
純心人文研究第10号
(長崎純心大学)
2004年7月 教養としてのスポーツ人類学 大修館書店

社会における活動

  • 子どものからだと心・全国委員
  • 長崎県大学バレーボール連盟 顧問
  • 九州大学バレーボール連盟 理事
  • 長崎市バレーボール協会 常任理事
  • 長崎県バレーボール協会 評議委員

所属学会

  • 日本体育学会
  • 九州体育・スポーツ学会
  • スポーツ史学会