尾里 育士

尾里 育士

尾里 育士

現代社会には少子高齢社会という側面があります。その中で子どもや保護者が育とうとする力を支え、その力を発揮するにはどのような仕組みが必要なのか研究しています。ゼミでは、学生一人ひとりが子どもと家庭の福祉に関するテーマについて研究し、その報告をもとに議論して学びを深めています。


基本情報

職位・所属
准教授
人文学部 地域包括支援学科
学位
修士(社会福祉学)(東洋大学大学院社会学研究科博士前期課程修了 1998年3月)
- (東洋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学 2004年3月)
専門分野
社会福祉学、児童福祉
研究テーマ
地域における児童家庭相談機関の専門性と他機関との他職種連携に関する研究

担当科目

学部
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 児童家庭福祉
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障Ⅱ
  • 社会的養護
  • 社会的養護内容
  • 保育実習Ⅰ(保育所)、保育実習Ⅱ
  • 保育実習指導Ⅰ-1・Ⅰ-2・Ⅲ-1・Ⅲ-2
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 相談援助の基盤と専門職Ⅱ
  • 相談援助演習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ
  • 相談援助実習指導Ⅱ・Ⅲ
  • 専攻演習Ia・Ib・II
  • 卒業論文

主な研究業績

年月 著書・学術論文名他 掲載誌名又は学会名
2008年4月 社会福祉援助学(共著) 学文社
2009年2月 養護内容(共著) 北大路書房
2010年1月 社会福祉行政論 ミネルヴァ書房
2010年3月 よくわかる社会福祉運営管理 ミネルヴァ書房
2010年4月 新版 子どもの福祉と子育て家庭支援(共著) みらい
2010年4月 新・プリマーズ 社会福祉 ミネルヴァ書房
2010年6月 相談援助の基盤と専門職 ミネルヴァ書房

社会における活動

  • 長崎県福祉保健審議会臨時委員

所属学会

  • 日本社会福祉学会
  • 日本子ども家庭福祉学会
  • 日本ソーシャルワーク学会