[硬式テニス部]活動報告: 長崎市の市民体育祭・硬式テニスの部に出場しました!

[硬式テニス部]活動報告: 長崎市の市民体育祭・硬式テニスの部に出場しました!

硬式テニス部の1年生2名が、10月8日(日)9日(月)に開催された市民体育祭に出場しました。
今回は初めての参加だったのでDクラスにエントリーし、試合当日を迎えるまで頑張って練習に取り組みました。
試合は3チームのリーグ戦で行われ、結果は1勝1敗でした。
卒業生の方が練習に参加してくださって、本当に有難かったです。

スポーツの楽しさや試合に出ることの楽しさを改めて実感し、貴重な経験になったようです。

(硬式テニス部顧問 田中珠美)

学生のコメント

児童保育学科1年 井上真緒

私たちはDクラスの部に参加しました。私たちはまだペアを組んだばかりで、練習もあまり多くはできていなかったので不安でしたが、練習してきたことをしっかり出して頑張ろうと思いました。

2試合行いましたが、どちらも大人の方々との対戦でした。
1試合目は2人とも緊張していて、なかなか思うようなプレーができませんでした。結果は2-8でした。負けたことより、練習してきたことが全く出せなかったことが悔しかったです。
2試合目は1試合目の反省を生かして、お互いに声を掛け合って、ミスしても引きづらないように頑張りました。ボレーにも積極的に出て、ラリーを続けること意識しました。2試合目は8-4で勝ちました。1試合目よりもいい試合ができたと思います。

今回は大学に入って初めての試合で、たくさん学ぶことがあったので、これからも積極的に試合に出て実力をつけていきたいと思います。

 

児童保育学科1年 入江美帆

今回の試合では、自分の力を100%出し切ることの難しさを感じました。練習のときは、練習だからミスしても大丈夫という意識があり、一つひとつのボールをあまり深く考えていませんでした。
でも本番では、その見過ごしてきた一つひとつのボールが大切なので、緊張感と失敗したらどうしようという不安で練習通りに打つことが出来ませんでした。

ソフトテニスをしていた時も、一試合目は必ず足が動かなくてなかなか勝てていませんでした。
そういうところはソフトテニスも硬式テニスも変わらないので、次の試合ではできるだけ練習通りに打てるようにしたいです。そのためにも練習のときから緊張感を持ちたいと思います。

応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

クラブ・同好会のお知らせ

クラブ・同好会一覧