[大学院]修了生の皆さまへ:公認心理師特例措置への対応について

[大学院]修了生の皆さまへ:公認心理師特例措置への対応について

平成29年9月に施行された公認心理師法では、一定の基準を満たした者への「受験資格の特例」が設けられています。その基準は、大学院で一定の科目を履修した者にも及んでおります。

本学大学院では、これまで2000年度入学以降の臨床心理学(小)分野の修了者の問い合わせに対応して参りましたが、1999年度以前に入学した、福祉の文化研究分野人間関係論小分野の修了者も、入学年度や履修科目によっては、この基準に該当する場合がございます。

つきましては、臨床心理学(小)分野、及び福祉の文化研究分野人間関係論小分野の修了者において、自身が特例措置の対象になるかどうかについて確認されたい場合は、教務課までお問い合わせください。

この件に関する問い合わせ:教務課 095-846-0084