公認心理師受験資格に係る特例措置への対応

公認心理師受験資格に係る特例措置への対応

対象者別のご案内

【対象】人間文化研究科 修了生及び在学生

本学大学院人間文化研究科の修了生及び在学生に対して、下表「対照表(2018年1月29日現在)」の本学大学院開設科目を、公認心理師法第7条第1号の省令で定める①~⑩の科目に該当する科目と判断いたします。

そして、在学中の履修科目がⅠ群~Ⅲ群に定める要件を満たす場合、法附則第2条第1項第1号及び第2号に該当する者として、公認心理師国家試験を受験することが可能です。但し、一部の科目は、開講年次により該当する科目が異なるので、履修年次にご注意ください。
在学中の履修科目については、必ずご自身の単位修得証明書(成績証明書)と照合してご確認ください。

【対象】人間心理学科 卒業生

本学人間心理学科を卒業した方で、在学中に履修した科目が別表「公認心理師受験資格特例に係る対照表(人間心理学科2000-2013年度入学者対象)」のⅠ群~Ⅴ群に定める要件を満たす場合は、公認心理師法附則第2条第1項第3号及び第4号に該当する特例措置として、今後、公認心理師法に対応する大学院において必要な科目を修めて修了するか、省令で定める施設で一定期間以上の実務に従事することにより、公認心理師国家試験の受験を目指すことが可能です。
在学中の履修科目については、必ずご自身の単位修得証明書(成績証明書)と照合してご確認ください。

最後に、本学大学院は、公認心理師法に対応した新しいカリキュラムを平成30年4月から始めるよう整備し、現在、国に確認申請をしております。
大学院入試については、次のページでご確認ください。

►大学院[入試情報]http://www.n-junshin.ac.jp/univ/admission/admission_post/

単位修得証明書の発行

単位修得証明書が必要な方は、「1.~5.」をすべて任意の様式に記入、封入し、本学教務課まで送付ください。なお、直接来学される場合は、事前に電話連絡をお願いします(教務課:095-846-0084)。

1.氏名(卒業または修了時の氏名と新姓)
2.卒業年度若しくは学籍番号
3.電話番号
4.住所
5.300円の郵便小為替及び120円分の切手(※発行手数料、返送代として利用)

今後について

国家試験受験の際に、「履修証明書」を発行いたしますが、まだ準備中ですので、当ホームページにて連絡するまでは、履修証明書の件で問い合わせることはお控えください。