創立記念感謝ミサ

創立記念感謝ミサ

12月8日は純心女子学園の創立記念日です

「純心」の名称は、学園の理想像である聖母マリアの「純にして美しい心」に由来します。初代学園長シスター江角は、マリア様のように優しく、人の心を喜ばせることができる人材の育成を願って、1934(昭和9)年12月8日、「純心女学院」の設立認可を長崎県へ提出。翌1935(昭和10)年4月に「純心女学院」が創立されます。

以来、純心女子学園では、12月8日を創立記念日とし、今年で創立82周年を迎えます。なお、12月8日は、カトリック教会では「無原罪の聖母の祝日」にあたります。

創立記念日には感謝ミサが行われます

創立記念ミサ

純心女子学園の創立記念日には、浦上教会において創立記念感謝ミサがおこなわれます(今年は学年暦の都合により12月7日におこなわれます)。この日はキャンパスでの講義はなく、全学生・教職員が感謝ミサに参加します。

神聖なミサをとおして、学園での学びと出会いの意味を考える良い機会です。卒業生、保護者の皆さまもどうぞご参加ください。

  • 日時: 平成29年12月7日(木) 10時30分~
  • 場所: カトリック浦上教会(長崎市本尾町) 地図新しいウィンドウで開く
    ※教会へは、公共の交通機関をご利用ください。
  • 司式: 古巣 馨 神父(本学人文学部教授)
お問い合わせ先
長崎純心大学 総務課
[TEL]095-846-0084(代表)