キリスト教文化研究所主催 講演会 「聖フランシスコと音楽と平和」

キリスト教文化研究所主催 講演会 「聖フランシスコと音楽と平和」

キリスト教文化研究所主催講演会を下記のとおり開催いたします。
参加自由・事前申込不要ですので、参加を希望される方は開始時刻までに大学へお越しください。

日時 2019年10月21日(月) 14:00~16:10 
場所 長崎純心大学 (長崎市三ツ山町235番地)

交通アクセス

プログラム
14:00 開会の挨拶
(キリスト教文化研究所 所長 荒木慎一郎教授)
14:10~16:00 講演「聖フランシスコと音楽と平和」
[講師]杉本 ゆり
  (15:00頃に10分間の休憩をはさみます)
16:00 閉会の挨拶

<講師プロフィール>

カトリック吉祥寺教会信徒。武蔵野音楽大学音楽学学科卒業。西洋音楽史専攻。

ラウデージ東京主宰。近著に「アビラの人ビクトリア」(フォンス・フローリス刊)。「フランシスカンの音楽と神学―コルトナ・ラウダ概論」「アシジの聖フランシスコ祝日聖務日課について」(聖グレゴリオの家研究論集)、「ユリアヌスの詩と音楽」(東京フランシスコ研究会刊)。共著「吟遊詩人マルティン・コダックス;7つのカンティーガス」(論創社)、日本キリスト教団出版局刊行の「CDで聴くキリスト教音楽の歴史」の解説執筆。「スペインのガリシアを知るための50章」(明石書房)に『中世ガリシア音楽の遺産』を寄稿。他。

上智大学夜間神学講座、学習院大学生涯教育講座、立教大学キリスト教学科、スペイン国営セルバンテス文化センターなどで中世音楽の講義をする。八王子、桐生の聖クララ会、コンベンツアル聖フランシスコ会修道院、十字架のイエス・ベネディクト会女子修道院、泰阜カルメル会で聖歌指導を行う。フォンス・フローリス古楽院にて「ラウダを歌う」の講師を務める。現在、聖グレゴリオの家・宗教音楽研究所資料室勤務。

申込み 不要
お問合せ先 長崎純心大学 総務課

電話: 095-846-0084(代表)
メール: gakuen@n-junshin.ac.jp

講演会チラシ(PDF)