第23回児童教育支援センター公開講座「声、音を介した母親(保育者)と赤ちゃんの関係~赤ちゃん研究の成果から~」

第23回児童教育支援センター公開講座「声、音を介した母親(保育者)と赤ちゃんの関係~赤ちゃん研究の成果から~」

ふだん、あまりに身近すぎるゆえにかえって無自覚になりがちな「音」の環境が赤ちゃんの育ちにとっての意味を考える公開講座。

~講師の先生 より~

「ことば」にこだわらず「声」をかけること、かえってきた声を「真似」ること、声を通して歌いあうこと、触れ合うこと、表情を見合うこと等、親子または大人と赤ちゃん間のやり取りが、いかに赤ちゃんの成長にとって意味ある「声の音楽性を通した絆」であるかを知っていただければ、と思っています。

日 時 平成29年6月3日(土) 10時~12時20分(受付開始 9時30分)
場 所 長崎純心大学 S205教室 (長崎市三ツ山町235番地)

交通アクセス

講 師 志村 洋子
(埼玉大学名誉教授/同志社大学赤ちゃん学研究センター研究員)
定 員 100名
受講料 無料
受講申込 事前申込必要(申込み先着順 定員になり次第締切ります)

FAX または メールにてお申し込みください。
(1)お名前、(2)ご連絡先、(3)ご勤務先、(4)駐車場ご利用の要・不要 をお知らせください。

※申し込み締め切り日は5月19日(金)

お申込み
・お問い合せ先
長崎純心大学 児童教育支援センター(担当:江口)

TEL 095-846-0084(代)
FAX 095-849-1894
E-mail hoiku@n-junshin.ac.jp