長崎学講座「浦上四番崩れから150年を迎えて」

長崎学講座「浦上四番崩れから150年を迎えて」

「長崎学」は、日本カトリック教会の歴史を、「キリスト教の伝来・布教・発展の時代」、「出島、唐人屋敷を通して長崎に弾圧発展した唐欄文化の時代」、「豊臣秀吉の『伴天連追放令」に始まり、江戸時代から明治政府にまで敬称された禁教令による弾圧・殉教・潜伏の時代」、「1865年に『信徒発見』に始まるカトリック教会復活の時代」、以上の4期に分けて4年間で一巡します。
今年度は、最後のキリシタン弾圧と言われている、「浦上四番崩れ」から150年を迎えるため、浦上四番崩れについて学びます。

日 時 平成29年5月13日(土)~7月22日(土) 10時~11時30分
場 所 江角記念館(長崎市文教町 純心女子高校内) 会場案内新しいウィンドウで開く
長崎歴史文化博物館(6/17のみ)
定 員 50名
受講料 10,000円(バス研修費含む)
受講申込 事前申込必要

【申込締切】 5月1日(月) 当日消印有効
【申込方法】 はがき または FAXにて、氏名・住所・電話番号を記入の上、お申し込みください。
※応募者多数の場合は抽選となります(抽選日5月2日)

お申し込み
・お問い合せ先
長崎純心大学 長崎学研究所

〒852-8558 長崎市三ツ山町235番地
TEL/FAX 095-846-0102(直)

講座の内容
5/13(土) 「平成29年度長崎学講座について」
講師/片岡 瑠美子(学長)
5/20(土) 「天領の村々」
講師/松尾 晋一(長崎県立大学シーボルト校地域創造学部准教授)
5/27(土) 「明治政府と長崎 天領から都市長崎へ」
講師/原田 博二(本学非常勤講師)
6/3(土) 「市内研修(浦上研修)」
講師/片岡 瑠美子(学長)
6/10(土) 「浦上一番崩れにおける村民の自己意識について」
講師/清水 有子(明治大学文学部専任講師
6/17(土) 第56回 長崎・キリシタン文化研究会(14:00~15:30)
「岩倉使節団と浦上四番崩れ」
講師/山崎 渾子(聖心女子大学名誉教授)
6/24(土) 「長崎県庁文書から見る浦上四番崩れ」
講師/本馬 貞夫(長崎県長崎学アドバイザー)
7/1(土) 「旅の話① 津和野・広島・鶴島」
講師/滝澤 修身(本学比較文化学科教授)
7/8(土) 「1日バス研修(生月)」
講師/片岡 瑠美子(学長)
7/15(土) 「旅の話② 金沢・大聖寺・富山」
講師/滝澤 修身(本学比較文化学科教授)
7/22(土) 「旅の話③ 和歌山・名古屋・四国」
講師/片岡 瑠美子(学長)