第11回 日本語教育公開講座「ことばをくらべる ー日本語と韓国語ー」

第11回 日本語教育公開講座「ことばをくらべる ー日本語と韓国語ー」

 日本語と韓国語の文法は極めて似ていることはよく知られている。機械翻訳において,両者の間で非常に精度の高い翻訳が可能なのもそのためである。それ故、ほとんど同じに見える両言語の文法を対照するということは一見、無意味に見える。しかし、両者の間に見られる微妙な差異を比較し、考察することで、一つの言葉だけを見ていたのでは気付かない現象が見えてくることを示し、対照研究の面白さを紹介する。
 本講座では、具体例として、複合動詞と受身に関して、日韓の対照を行う。

日 時 平成27年1月10日(土) 14:00~16:00
場 所 江角記念館(長崎市文教町 純心女子高校内) 会場案内新しいウィンドウで開く
講 演 ことばをくらべる ー日本語と韓国語ー
講 師 和田 学(山口大学人文学部教授)
 専門は、日本語と韓国語の対照言語学。
1995年、九州大学文学研究科博士課程中退。以後、山口大学文学部助手、同、講師、准教授を経て現職。
 主な論文として、”Re-classifying the Lexical Passives in Korean”, Harvard Studies in Korean Linguistics 12(2008年)、「韓国語の語彙的複合動詞」『九州大学言語学論集』32号(2011年)、“A Comparative Study of Korean and Japanese Complex Predicates,” Harvard Studies in Korean Linguistics 14(2014年)がある。
定 員 50名
受講料 無料
受講申込 事前申込不要

当日会場へお越しください。

お問い合せ先 長崎純心大学 言語文化センター

〒852-8558 長崎市三ツ山町235番地
TEL 095-846-0084(代) (月~金曜日 9:00~17:00)
E-mail gengo@n-junshin.ac.jp