[文化コミュニケーション学科]スペイン留学体験記

[文化コミュニケーション学科]スペイン留学体験記

今年の夏休み中、9月3日(月)から9月14日(木)まで、比較文化学科の3名の学生がスペインのアルカラ大学のサマーコースでスペイン語を学びました。

参加した向笠綾華さんの滞在日記をご紹介します。

なお、文化コミュニケーション学科で学びたい学生は、スペイン語学習、スペイン留学も可能になります。興味のある、男子、女子学生大歓迎です。

スペイン滞在日記

9月3日(月)

今日から授業だったので緊張しました。他大学の同じ寮の学生が大学まで案内してくれました。短い時間でしたが、テストや街の案内などで疲れてしまい、昼食の後すぐに眠ってしまいました。

マドリードのプラサ・マイヨールで

9月4日(火)

スペイン語の文法と会話の授業では、初歩的なところから進んでいて何とか理解することができました。休憩時間には他大学の学生や他国の学生とかかわることができました。放課後は雑貨店などを回りノートを購入しました。日本のB5ノートよりも横長で驚きました。夕食時には、純心から一緒に留学している田中さんの同室のイザベルさんと話すことができたのでよかったです。

プラド美術館前で

9月5日(水)

今日の授業では動詞の活用について勉強しました。会話の授業では二人一組になり、名前や職業の尋ね方を学びました。放課後は他大学の学生とスーパーへ行き、ジェラートも食べました。フランボワーズとバニラチョコ味でとても美味しかったので滞在中にもう一度行きたいです。