[英語情報学科]オープンキャンパス(8月12日)で「オンライン英会話レッスン」を再度実演

[英語情報学科]オープンキャンパス(8月12日)で「オンライン英会話レッスン」を再度実演

 8月12日(水)に開催されたオープンキャンパスで、英語情報学科の学科アワーでは7月18日のオープンキャンパスに続いて「オンライン留学を体験しよう!マンツーマンのオンライン英会話レッスンの実演」と題して、英語情報学科で導入しているフィリピンへのオンライン留学(毎日25分間、フィリピン人講師とオンライン上で英語でコミュニケーション)の講義と実演を行いました。前回同様、最初に、畠山がこのプログラムの目的やメリットを説明し、その後、現在、オンライン留学に取り組んでいる1年生の前田恵美理さん(純心女子高等学校出身)が実際にフィリピン人講師とスカイプを通して英語のレッスンを受けました。参加してくれた高校生は、大変興味深い表情で二人の英語コミュニケーションを見ていました。レッスン後、前田さんは5月からのレッスンを振り返り、次のような感想を述べました。
 
 5月から3ヶ月間毎日レアジョブのレッスンを受けてみて、特にリスニング力が以前より身についてきたことを実感しています。最初のころ、英語を聴く事に慣れていなかったので、リスニングにとても苦労しました。しかし、毎日レッスンを続けることにより、英語を聞き取ることに慣れてきました。私がたどたどしい英語で話しても私が伝えたいことが講師の先生方に伝わっています。そんな時に素晴らしい達成感が得られ、自分の英語力に自信がつきます。次第に英語を話すことに対しての抵抗もなくなり、「もっと話したい」という気持ちが湧いてきます。このオンラインレッスンは英語力を向上させる良い方法だと思うので今後も是非続けていきたいと思います。
(記:畠山)