[現代福祉学科]第1回純心PSWホームカミングデーを開催しました

[現代福祉学科]第1回純心PSWホームカミングデーを開催しました

10月22日(土)に、長崎県精神保健福祉士協会のご協力を得て、第1回純心PSWホームカミングデーを開催しました。

この会は、卒業生からの「卒業後も大学に戻って自己研鑽する場が欲しい」とういう要望を受けて、卒業生として長崎県内で活躍されている精神保健福祉士の有志の皆さんの企画のもとに実施しました。

基調講演では、「私のキャリアヒストリー~女性として…PSWとして…~」というテーマで、純心女子短期大学の卒業生である、長崎大学附属病院の精神保健福祉士、島田なおみ先生にご講演いただきました。
先生の豊かなキャリア経験と、女性としてどのようにライフデザインを描き、仕事と家庭に向き合っていくのかということについて、多くの示唆をいただきました。

また、実践報告では、本学の卒業生でもある4人の精神保健福祉士の皆さんの発表と、在学生の実習報告が行われました。実践報告では、報告者の皆さんの大学時代の様々なエピソードもお伺いしつつ、和やかな雰囲気の中で会を終了いたしました。

今後も、卒業生が実践の悩みを仲間同士で分かち合う場を提供していけたらと考えております。ご協力いただきました長崎県精神保健福祉士協会の皆さま、ありがとうございました。