[地域包括支援学科]第2回 純心カレッジ三ツ山塾を開催しました(2018/10/14)

[地域包括支援学科]第2回 純心カレッジ三ツ山塾を開催しました(2018/10/14)

長崎純心大学では、知的障がいを持つ18歳以上の方を対象に、「純心カレッジ三ツ山塾」という年4回の講座を開催しています。

大浦天主堂周辺とグラバー園を「長崎さんぽ」

10月14日(日)は、第2回純心カレッジ三ツ山塾を開催しました。今回の講座は、学習者の皆さんが楽しみにしている恒例行事のひとつ、「長崎さんぽ」です。今年で9回目を迎えました。

9回目の今回は、今年7月に世界文化遺産として登録された、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の学習として、大浦天主堂周辺、グラバー園をさんぽしました。

グラバー園では、『”インスタ映え”する写真を撮る』『ハート型の石を探す』というミッションや、学生サポーターが企画した世界文化遺産に関するクイズをグループでクリアしていきながら、楽しく学習することができました。

大浦天主堂前では、みんなでクイズに挑戦しました。

グラバー園をさんぽしながら、インスタ映えする写真を撮りました。

ハート形の石をみつけました!
みなさん、「いいことがありますように」と願いながら触っていました。

 

次回の講座は、12月15日(土)「クリスマスについて学ぼう」です。

画像をクリックするとPDFファイルが開きます。