[現代福祉学科]第2回「純心カレッジ三ツ山塾」を開催しました

[現代福祉学科]第2回「純心カレッジ三ツ山塾」を開催しました

第2回「純心カレッジ三ツ山塾」を開催しました

  • 日  時: 7月16日 13:30~15:30
  • 講座内容: 「日本の夏を楽しもう」
  • 場  所: 長崎純心大学 C棟介護実習室

今回は本学現代福祉学科の吉本知江子講師による講座で、「日本の夏」をテーマに、○×のクイズ形式で日本の文化を学習しました。

学習者、サポーター合わせて65名の参加があり、「打ち水」、「花火」、「スイカ」、「そうめん」といったキーワードに関する問題について考えながら、「へぇー、知らんやった」「そうなんだ・・・」と感心する声が聞かれます。
「おいしいスイカの見分け方は・・・・?」という問題では大きなスイカを実際に叩いたり耳をすませたりと大変な盛り上がりで、言うまでもなくスイカはあとで皆で頂きました。


正解はどっち・・・○?×?


おいしいスイカの見分け方は・・・


今回の楽しみは夏の風物詩「そうめん流し」。

早朝から犬継町自治会方の方が、3メートルはある立派な竹を切ってきてくださり立派な樋が完成しました。
学習者の方々は、「こんなの初めて」と珍しそうにじっと見つめ、流れてくるそうめんを上手につかんで口にした時は「いつもよりたくさん食べられそう」と喜ばれていました。
締めくくりの盆踊りもあり、皆さんひとあし早い夏祭り気分も味わえたことと思います。

日本には暑い夏を涼しく過ごす工夫や、目や舌で涼しむという昔からの文化がたくさんあります。その風情ある生活の良さを改めて実感できる講座となりました。


 そうめん流しは初めてという方も・・・

~お知らせ~
次回の講座は10月16日(日)「長崎さんぽ~長崎の文化を学ぶ~」です。

純心カレッジ三ツ山塾とは・・・
長崎純心大学では、知的障害のある18歳以上の方を対象に、「純心カレッジ三ツ山塾」という年間5回の講座を開いています。
毎年、スポーツ、音楽、エステ体験、絵画、パソコン、食文化(調理)などさまざまな企画を用意し、学習者のみなさんは学生サポーターと交流しながら楽しく学ばれています。

前回の様子 [現代福祉学科]第1回「純心カレッジ三ツ山塾」を開催しました