[現代福祉学科]第1回「ちょっとためになる福祉講座」を開催しました

[現代福祉学科]第1回「ちょっとためになる福祉講座」を開催しました

5月23日(土)に江角記念館(長崎市文教町)で、純心女子高校1年の保護者を対象とした「ちょっとためになる福祉講座」を開催しました。

講座では「その人らしく生きること」「介護保険制度を活用するために」と題した話のほか、介護体験として実際に高齢者の体の不自由さの体験していただいた上で、高齢者の生活手助けのワンポイントアドバイスを行いました。体験の助手は、現代福祉学科介護福祉コースの3年生が務めました。

参加された方は、実際に在宅介護真っ最中の方、介護経験のある方、福祉施設に勤務された方と、意識の高い方々ばかりでした。皆さんの豊富な話題とバイタリティーに圧倒されつつ、主催した我々もとても勉強になりました。「介護はやっぱり大事だし、楽しいし、最後までできれば達成感が大きいですね」という意見には同感でした。

今後、第2回の講座開催を予定しております。お問い合わせは実習指導センター(電話 095-846-0084)まで。